八千代市の自然素材注文住宅・リフォーム の トップページへ戻る


長期休みのお家の防犯対策

待ちにまったゴールデンウィーク。
長期休みでお家を空ける方も多いと思います。


空き巣などの発生率は長期休みが高くなるそうです。

楽しい旅行から帰ってきたら被害にあっていた...。それではせっかくの旅行も

台無しですよね。いつも以上に防犯意識を高めて楽しい休暇にするための防犯対策のポイントをまとめてみました。


SNSでの情報公開に注意

FacebookやTwitterのようなSNSサイトでは、設定によって長期休みのお家の防犯対策
自分の居場所を投稿するので気をつけなければなりません。


写真を投稿しただけでも端末のGPS情報に紐づけられて
居場所が第三者に公開されてしまうこともあるからです。


犯罪者にあなたの不在を教えているようなものです。投稿する内容にも注意して、限られた情報のみ公開することをオススメします。



住宅で気を付けること

◆戸締り◆

戸締りは、普段から防犯の基本です。
家を空ける時は必ず戸締り、鍵の施錠確認をしましょう。
また、忘れがちなお風呂場、トイレ、2階の窓なども忘れないように注意しましょう。
そして侵入対策の基本は、ワンドア・ツーロックです。鍵の数が多いほど、
侵入までの時間がかかるので侵入者が嫌う傾向にあります。
ドアに鍵を2つ取り付けることは防犯対策として有効な手段と言えます。


◆照明◆長期休みのお家の防犯対策

留守番センサーつきの照明があれば設定してから出かけることをおすすめします。夜になっても真っ暗なままだと外から不在だとわかってしまいます。また、留守であっても照明がついているだけで在宅しているように見えます。


◆ガスの元栓、スイッチ・コンセント・吸い殻◆

気をつけるのは犯罪だけではありません。コンセントの抜き忘れやスイッチの切り忘れ、吸い殻の不始末が原因で火災が発生することも考えられます。また、外に吸殻などがある場合は犯罪者の目印となっている可能性もあるので注意が必要です。




資料請求 お問合せ