八千代市の自然素材注文住宅・リフォーム の トップページへ戻る


花粉症と住まい

今年も花粉症の季節がやってきました。
鼻をぐずぐずさせたり、目を真っ赤になっていたり、
マスクをしたりしている人をよく見かけます。
今や日本人の5〜6人に1人が花粉症を発症していると言われています。
花粉症と住まいには直接の関係がないように思われますが、花粉症になった原因を分析すると、実は住まいのあり方と密接に関係しているケースもあるそうです。
花粉症を防ぐための住まいづくりについて考えてみましょう。


花粉は家の中に入れないこと

外出から戻ったときには、玄関に入る前に服をはらい、付着した花粉を落とすようにしましょう。
ウールやフリースの服は、花粉がくっつきやすいので念入りにはらいましょう。
上着には、表面がつるつるした化繊、皮、合皮などを着るのも効果的です。
また、玄関に小型の掃除機を置いておくのも良いでしょう。
外から帰ってきたら、その掃除機で髪や洋服についた花粉を吸い取るようにします。


窓を開け放しに注意しましょう
窓の開け放し

家の中に花粉を入れないためには、窓を開けないようにするのが一番ですが、
換気をまったくしないのもよくないので難しいところです。
風の強い日については特に注意し、窓を開け放しにしないよう心がけましょう。


掃除は掃除機・ほうき・はたきを使わずに
拭き掃除

室内のほこりは、家族が寝静まって空気が動かなくなると床に落ちます。
花粉も同じで、夜になると床に落ちます。
だから、朝一番に掃除をすれば、前日に家の中にたまたった花粉が除去できます。
掃除中に花粉が再び舞い上がらないように、
掃除機やほうき、はたきを使わない方が無難です。
雑巾や床ワイパーなどで拭き取るのがおすすめです。


洗濯物や布団も室内に干す

洗濯物やふとんは、できれば外に干さないほうがいいでしょう。
最近は部屋干しでも殺菌・消臭効果のある洗剤が発売されています。
花粉症がひどい人は、布団乾燥機や衣類乾燥機の使用も検討してみましょう。
どうしても干さなくてはならない場合は、花粉の飛びやすい時間帯や風向きに注意することです。
外に干した場合は、よく払って花粉を落としてから取り込み、掃除機で吸い込んで花粉を取り除きましょう。


室内の湿度は60%が目安です

室内の湿度を上げると、空中の花粉が床に落ちやすくなります。
湿度を高くしすぎるとカビが発生する恐れがありますので、加湿器で60%ぐらいの湿度に設定するのが理想的です。


空気清浄機を活用する
空気清浄機

最近の空気清浄機は花粉症対策も施されているものがたくさんあります。
空気清浄機も万能ではありません。
花粉の少ない夜間などに、窓を短時間、開けるようにしましょう。



花粉症を防ぐ住まいの工夫も大切ですが、
生活面の対策(十分な睡眠をとる、ストレスをためない、栄養のバランスを考えた食生活をする)や、外出時の対策(マスクをする)もしっかりするようにしましょう。



資料請求 お問合せ