八千代市の自然素材注文住宅・リフォーム の トップページへ戻る



代表取締役 田中 幸男

田中 幸男
【保有資格】一級級建築士・一級建築施工管理技士

仕事のやりがい誠実な家づくり、お客様の為の家づくりに日々邁進しています。

スタッフとしての主な役目は、
・お客様窓口としてご相談 ・プランニング、
・資金計画 ・ご契約 ・設計
・施工各打合せ ・御引き渡し
・アフターメンテナンス です。
お客様のライフスタイルを決める家づくりを
建築技術者としての経験と、
生活者としての人生経験を合わせ、
時には、人生の一大事業を遂げられるお客様から
謙虚に学ばせていただく気持で、
常に最善を尽くしてまいります。


お客様へのメッセージお客様へのメッセージ


私は高校を卒業して工務店に入社し、現場監督の見習いとして働きました。
最初は現場の片付け、資材運搬などをしながら職人さん達と一緒に仕事をし、様々な現場の経験をしました。


私が10年前に独立をしたきっかけは、現場監督として何十棟の家の建築に関わってきた頃のことでした。
利益を重視するあまりに、営業マンが突然現場にきて、大工さんに言いました。
「この木枠はお客様に無垢の木を使う契約になっているが、
 実際使っている木枠は集成材(張り物)なので、切口を見られないようにしてくれ」
お客様を平気でだましたり、建売住宅などはとにかく売れれば良いと言う不動産の営業マンがあまりにも多く、
本当にこんな事で良いのかと思い嫌気がさしたからです。


私は独立するときに決めたことがあります。
お客様に対して偽りのない正直な、本当にお客様が喜んでいただける家造りをする。


家をもつことは、家族が幸せに暮らすための「条件」だと思っています。
そのためにも、なるべく予算を抑えて家を建てて欲しい、
その分の余ったお金で、美味しいものを食べたり、
家族で思い出に残る旅行などに行ったりして欲しいと思っております。


ただし、ただ単に建てる時に安ければ良いというローコスト住宅ではなく、
いつまでもそのご家族さまが安心して健康に、
そして幸せに暮らせる家が結果的に安くつくのだと考えています。
例えば、いくら安くても接着剤を多用している木材(集成材)を使っていては、
短期的には良いかも知れませんが、長期的に見れば、ご家族の健康に悪いことは明白です。
また、家は他の商品と違い、最低でも30年〜50年、場合によっては100年と使い続ける商品なのですから、
一時の流行や見栄えよりも、まず基礎や土台・柱をしっかりとさせて、
家の寿命を長くすることが一番大切だと考えます。


家を丈夫に安全にしっかりつくる。
これは基本中の基本です。
だから、これで満足してはいけないと。


「家」とは住まう人にとって大事な宝物であり、
家族を守る、家族が集う、家族の思い出をはぐくむ特別の場所でなければならないのです。


だからこそ、まず家族が健康に安全に暮らせるような「家」をつくろうと思いました。
そのために、まず


■地震に強い間取りを提供する。
■家族が集い、健康に暮らせる空間をご提供する。
■お施主様と信頼関係をもって家づくりをする。
■高品質=納得価格でご提供する。


これらを基本に、みなさまに納得と満足をいただける家づくりをしていきたいと思っています。


どうぞよろしくお願いいたします。


有限会社 田中住プランニング 取締役 田中幸男


資料請求 お問合せ